年金だけでは厳しい老後の生活

老後不安を抱えている方はかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか?老後不安と一口にいってもその内情には様々な種類があります。ここでは老後不安の種類の一つである資金の不安について考えていきたいと思います。

老後、つまり定年を迎えて仕事がなくなった後は、収入源が途絶えてしまうことが最大の懸念事項だといえるでしょう。それまでは給料からお金を得て、それで生活することが出来たものの、定年を迎えた後にはそれができなくなるわけです。

そこで老後の生活の資金というのは、まず支給される年金から捻出されることになります。ただし、この年金というのはそれほど額が大きいわけではなく、老後の生活を十分に支えられるだけのお金になるかというと怪しいと言わざるを得ません。現在の時点でも既に年金だけでは生活が厳しいという人が多くいらっしゃる中で、今後の年金事情というのはさらに厳しくなっていくことが考えられます。

少子高齢化によって支える層が薄くなり、支えられる層が厚くなっていくことから、必然的に支給される金額は下がることになるでしょう。さらにこれに加えて物価上昇が発生することが考えられているため、よりいっそう必要なお金は増えていくのです。

積み立てるなら投資が儲かる

積立金を築く方法としまして、定期預金や積立保険といった手段があるのですが、お金を純粋に増やしたいのでしたら積立投資が一番良い条件を提示してくれます。積立投資とは、金融業者が代わりに投資を行なってくれるという投資の手段で、契約者は貯金を貯めていく感覚でお金を増やしていけるので、誰でも簡単に投資で儲ける事ができる手段として知られています。

しかしその他の積立についても、付加的なメリットというものが存在しています。定期預金なのですが、投資のような資産運用を行ないませんので元本が割れるリスクがありません。さらに利子についても普通預金よりも優れているので安心の貯蓄が可能です。積立保険なのですが、こちらは満期の返額だけでなく、ケガや病気の保障を受けられるというメリットが魅力的なものになっています。

積立の手段はいろいろあるのですが、やはり自分の性格にあったものを選ぶのが一番行なっていて気分が良いかと思います。積立契約を行なうということは、どうしても長期的に自由にお金を使えなく時期が出てくるという事です。無理の無い金額から開始できるものや、確実性の高いもの、業者からのサービスがどの程度受けられるかを比較した上での契約をお勧めします。

複利は投資の基本となります

複利は投資の基本です。複利は利が利を生んでいくというものです。資産を順調に殖やすためにはこの複利による運用というものをは不可欠です。複利のパワーを知れば、早く投資を始めたくなるのではないでしょうか。

中長期投資において複利は大変重要なポイントです。福利を上手に利用していけば資産形成に有利です。複利とは運用において利息に対する利息がつく意味です。時間がたつほどその利息が雪だるまのようにつみあがって大きくなっていきます。中期投資だけでなく、もちろん長期投資においても複利効果を出していくかというのが資産形成の大きな決め手となっていきます。

100万円の投信を複利で運用したとします。6万円の利益が出て、2年目には106万円で運用するとすれば、106万円に対して利息が付きます。同様に3年目も複利で運用すれば、またもや利益が加算されていきます。利益を再投資することにより、次に受け取る利益を増やします。複利運用を行えば、時間が経つと共に利回りの差がどんどん大きくなっていくのです。

複利効果を高めるにはコツがありますよ。運用の利回りを大きくすること。複利効果を高めるためのポイントは運用期間の長さと利回りの大きさです。利息が加算されて損も加算されたものにまた、利息がついていくのですから、運用期間が長いほうがいいですよね。長期的に投資を行い、この利回りを5%、7%、10%、15%と引き上げていけば、複利効果は高まります。始めの数年間ぐらいはそんなに大きな差はないように思います。しかし徐々に資産の増え方が倍増していきますよ。

学資保険の必要性はどうか

積立保険の種類の一つとして、学資保険というものがあります。この学資保険というのは、文字通り学習資金を貯めるためのものですが、自分の資金を貯めるのではなく、子供の教育に掛かる費用をためていくものだと考えていただければ良いでしょう。

ただ、ここではこの学資保険の必要性というのが果たして本当にそれほど高いものなのか?ということについて考えていきたいと思います。学資保険はもちろん保険の銘柄にもよりますが、多くが満期返戻金を200万円としています。保険料を合計するとこれよりも安くなっているために、得をしますよ、というのが触れ込みであるわけです。ここではこのシステムについて、まず金額面から見ていきたいと思います。

200万円というのは、教育費用全体を支えられる金額ではありません。子供の教育には800万円から2000万円程のお金が掛かるとされています。そう考えると、この保険だけでそのお金を賄うことは出来ないということです。ただ、学資保険には死亡保険効果も付随しており、死亡時には保険料の支払いが免除されるようになっています。

定期タイプの保険に加入すればその効果については賄うことが出来ます。定期保険に入りつつ、預金をする方が資金の確保には効果的でしょう。

老後の生活を助ける確定拠出年金

将来、日本は少子高齢化進むことから、公的年金の支給に大きな影響を与えるようになるといわれています。今後は老人が多くなり、働く若い人が少なくなるといわれているのです。これによって、公的年金の支給額が減るようになるだけでなく、年金支給年齢が上昇するようになるとされています。

今後は、会社を退職してからの生活、老後の生活にゆとりを得ることができなくなるといわれています。そこで、将来においては、生活にゆとりがもつために公的年金を補うような方法が必要となっているといってよいでしょう。

いま企業に勤める人の多くは、企業が保険料を払う確定拠出年金で安心が得られるようになっています。この年金制度を導入した企業では、従業員の老後の生活不安を解消することが期待されています。

また、確定拠出年金は、もし転職をしたとしても多くの企業において今までとは違い、転職先でも継続して年金づくりを行なうことができるようになるといわれています。そのことから、福利厚生として導入する企業が増えているようです。

さらに、確定拠出年金は、これからの私的年金として老後の生活を助けるようになるといわれています。そのことから、今後は多くの企業が、この年金制度を導入することを検討しているそうです。

確定拠出年金の概要が分かるブログはこちら

理想のセカンドライフを送るために

人生には、様々なシーンに出会います。そのどれもが、素敵なエピソードに溢れ忘れられない思い出として、胸に刻まれます。しかし、それぞれのライフステージにはお金がかかるということも忘れていけませんね。

特に、セカンドライフともいわれる老後は、およそ3000万円もの資金が必要だとも言われています。これほどまでの資金を貯めるのは、容易なことではありませんよね。しかも、この金額はあくまで、最低限の生活に必要な老後資金ですので、働いていた現役時代の生活水準を落としたくないのであれば、さらに多い1億円ほども老後資金が必要です。

しかも、今後物価が高くなることも予想されますので、かなりお金にはシビアにならなくてはいけないですよね。そのためには、公的ね金の他に、個人年金保険があると尚安心です。個人年金保険は、口座からの引き落としなので、お金を貯めるのが苦手という人でもすぐに始めることができますね。しかも、内容や額も幅広いプランから選ぶことができるので、とっても便利です。

まずは、個人年金保険について詳しく勉強してみるといいでしょう。そのメリットの多さに、個人年金保険に加入していたほうが得策だと言う結論になりますよ。

なぜ老後難民になるのか

「老後難民」なる言葉が決して珍しいものではなくなってきています。むしろ多くの人が老後難民になるリスクを抱えていると言っても決して過言ではない状況となってしまっています。

その理由として挙げられるのは言うまでも無く年金問題です。国民年金が崩壊してしまっているような状況です。老後はなかなか働き口がありません。それはつまり、収入源を確保する事が難しいという事でもあるのですが、年金ももらえない、収入も無い。これではいわゆる老後難民となってしまうのも無理からぬ話ですが、このような状況というのは現代社会であれば、誰もが陥る可能性があるのです。

ですので、老後難民になりたくないのであれば、国民年金だけに頼るのではなく、他の方法で年金代わりになるものを用意する事が求められてくるのです。「自分年金」「個人年金」といった言葉を多く見かけるようになっているのはそのためでもあるのです。ですので、年金の問題はしっかりと考慮しなければならないのです。年金が当てにならないからこそ老後難民になるというのであれば、現代社会に於いては、誰もが老後難民に陥る可能性があるという事でもありますので、老後難民は決して他人事ではないのです。

投資の専門サイトはこちら
老後資金を蓄えるために投資を始めましょう。

夫婦の生命保険の選び方

結婚して夫婦となった場合、これまで加入していた生命保険を見直す必要があります。夫婦と一言で言っても、夫婦の形がそれぞれ異なります。
たとえば共働きの夫婦でお子さんがいない場合、夫婦はそれぞれが独立している状態にあります。ですので、この場合は夫婦別々の生命保険に加入する方が良いでしょう。仮にどちらかに万が一の事態が起こったとしても、残された側の生命保険に影響を受けることがないからです。それぞれが独立しているので、今までの生活をキープすることができます。

しかし、妻が専業主婦の場合、夫の生命保険だけでも妻の保障は賄えます。最近は家族特約が充実している生命保険を各社取り扱っており、ある程度の死亡保障や入院保障は家族特約で賄ってしまった方が保険料が安く済んでしまいます。
しかし、このある程度、というのがネックとなる場合があります。あくまで夫の生命保険になるので、女性特有の病気に対しては保障されない、ということがあります。
もしも専業主婦の場合は基本は夫の生命保険の家族特約を利用することにしておいて、女性特有の病気に対する保険は個別で加入しておく方が良いでしょう。

このように、夫婦の保険にも選び方は様々です。ぜひまだの夫婦は見直してみましょう。

健康不安に対応できるだけのお金を

老後には様々なベクトルの不安があるのではないでしょうか?皆さんが抱えている老後不安はどんなものなのでしょうか?多くの人が抱えている老後不安の一つとして、健康に対する不安というものがあるかと思います。現在の高い医学記述を持ってしても、残念ながら不老や若返りというものは行なうことができず、歳を取ればその分だけ健康に不安が発生してくることになります。

そうなった時には、様々な対策というものが必要となるでしょう。例えば足腰が弱くなってきたという時に、ネックとなるのが、階段の昇り降りです。若いころは何の問題も無かった段差であっても、歳を取ると超えるのが難しくなってきます。そうなった時、住居を改装する必要があるかもしれません。

バリアフリー化を行う場合には国からある程度の助成金が出るものの、それでも最低限の資金が必要となることに違いはありません。他にも、外出が厳しくなってきた時にはヘルパーを頼む必要が出るかもしれません。そういった健康不安による問題にも、ともかく資金というものが必要となるわけです。

老後を健康不安に怯えながら暮らすのは、果たして幸せだといえるでしょうか。そうならないためにも、対策が出来るだけの資産の準備が必要です。

投資経験よりも人格が重要とされる投資方法とは

投資といえば、価値の変化を先読みし最新の情報を仕入れなければならないというのが常識のように思われています。しかし全ての投資ジャンルが、先物取引に代表される投資に対する相場観を必要とするものばかりではありません。そんな投資経験や直感などを必要としない投資ジャンルなのですが、マンション経営などを挙げる事ができます。

マンション経営は投資なのか?と思われる方もいるかもしれません。しかし利便の高い土地を予想しまして、マンションをそこに建てるという相場観を、マンション経営は必要としています。この事からマンション経営は不動産投資の一種に分類されているのです。

マンションを所持したとしても、マンション経営はそこで終わりではありません。むしろマンションを手にすることは、マンション経営にとってスタートラインに立っただけといえます。そこからいかに入居者を集めるかがマンション経営成功の明暗を分けます。そのためには通常の投資では必要とされない、人との接し方や会話能力といった交渉力が重要視されます。入居予定者はオーナーの態度も契約を結ぶか決める材料としますので、つまりマンション経営に必要なものとは、相場観よりも良き人格が重要視されるのです。

関連する人気記事はこちらから!
マンション経営を始める前に地震を考える